自家組織移植

鼻中隔延長

自分の身体の一部を移植する手術を自家組織移植術と言います。 

自家組織移植術の中で、特に耳介軟骨は細工が容易で、移植生着率が非常に高く安定しており、鼻の修正術で頻繁に行われている移植組織です。 
この術式は、小さく短い鼻先で悩んでいる方に、ご自身の耳介軟骨の一部を採取して、鼻部のボリュームを要する部位に移植することで、主に鼻中隔延長(鼻尖延長)や自然なアップノーズ効果を得ることができます。 

また、隆鼻術を行いたいけれど、人工物(シリコンプロテーゼ)を挿入することに抵抗がある方には、耳介軟骨や肋軟骨のような自分自身の組織を採取して移植することで、鼻を高く、鼻筋を整える事ができます。しかし、シリコンプロテーゼは使い方、デザイン、大きさを間違えなければ、かなり安全で、しかも使い勝手が良く、種種のやり直しが比較的簡単にできるので無理に耳の軟骨などを使う必要はないことが多いのも事実です。自家組織移植による隆鼻術は、患者さんが特に希望が強い場合い軟骨などの自家組織移植を検討することになります。 

 

料金のご案内